中原さんがおるお陰で、最後は電話したらいいという安心が あるもんで。

私、中原を知るようになったキッカケはなんですか?

ご主人:
15年くらい前に中古の家を買ったんですよ。そのとき、不動産屋さんから「いいリフォーム屋さんがいるから」と紹介されたのが、中原さんだったというわけです。

私のことを初めて見たとき、正直、どんな印象でしたか?

ご主人:
おべんちゃらやないけど、同じ技術系の人間として、勉強家で、しっかりしとるなぁと。

お客様インタビュー写真

おべんちゃらやないけど、同じ技術系の人間として、勉強家で、しっかりしとるなぁと。

なぜ、これまで、リフォームしようと思ったのですか?

ご主人:
最初、雨どいの工事をやってもらったとき、家の修繕のことが「よくわかっとる人やなぁ」と感じたんや。そのとき、次も中原さんにお願いしようと思った。
なんせ、私が決めると、家内は全く逆らわん方で(笑)。私も決めると早いもんでなぁ。

次に頼むきっかけが、トイレ。トイレは毎日使うもんで、詰まるようになった、不便やなぁと。その後、10数年、全部中原さんにお願いしとるわなぁ。

屋根の吹き替えやら、壁の塗り替え。あと、テラスの屋根の張替えに洗面台の取り換え。洗面台の交換のときは、中原さんの軽トラで、家内をショールームに連れていってもらったわな。家内が、「えらい丁寧な人だ」とよろこんどったこと、思い出すわ。

それから、近所の人のための見学会を開いたら、みんな見に来てくれはり、みんな中原さんに工事、お世話になっとるもんねぇ。

お客様インタビュー写真

家内が、「えらい丁寧な人だ」とよろこんどったこと、思い出すわ。

リフォームするまで、どんなことが気になっていましたか?

ご主人:
中古で家を買ったもんで、すぐにいろいろガタが来て、手直しをしたかったけど、なかなか気にいった業者が見つからんかった。

いろいろ不便を感じ始めたときに、中原さんを紹介してもらったという感じですわ。

お客様インタビュー写真

いろいろ不便を感じて、どこに頼もうか、迷っていた。

私に依頼するまでに、迷ったことや躊躇したことは、なんですか?

ご主人:
私は取り柄はないけど、若い時から業者さんとは接しているので、良い業者は見たらわかる。ただ、リフォームをする業者で、こちらの想うところをくんで、要望通りの提案をしてくれるところが、なかなかなかった。

いろいろ不便を感じて、どこに頼もうか、迷っていた。

お客様インタビュー写真

こちらの想うところをくんで、要望通りの提案をしてくれるところが、なかなかなかった。

私に頼む上で、決め手となったことはなんですか?

ご主人:
さっきも言ったけど、勉強家で、この人はしっかりしとる、と思ったところやね。受け答えが、いままでの業者さんと違うた。

お客様インタビュー写真

受け答えが、いままでの業者さんと違うた。

今回のリフォームの件で、印象に残っていることはなんですか?

ご主人:
10年以上お付き合いして、一番感心するのは、サッシ屋さんとか、手すり屋さんとか全部やってもらったけど、みんなしっかりした業者さんで。屋根屋さんから足場屋さんから、鳶の人でもみんな若いのにきちっと礼儀正しい。それだけ感心するね。

そういう職人さんを見てると、中原さんの人柄と仕事っぷりに惹かれて、いい人が集まるやろうなぁ、と思ってましたわ。

お客様インタビュー写真

中原さんの人柄と仕事っぷりに惹かれて、いい職人さんが集まるやろうなぁ、と。

今回、一番よかったことはなんですか?

ご主人:
一番のヒットは、太陽熱温水器。ものすごいよかった。燃料代がかからんでええのと、太陽の熱で、ものの数秒で、ぼこぼこお湯が沸いてくることが、うれしいねぇ。晴れの日に、タダでお湯が沸く、感動ちゅうか(笑)

お客様インタビュー写真

晴れの日に、タダでお湯が沸くのが、感動ちゅうか(笑)

もし奥様が生きてらっしゃったらなんと言ってましたか?

ご主人:
そうなんや。そこが悔いなんや。エアコンがやかましかったし、部屋が暑かったので。

二重サッシのお陰でエアコンはすぐきくし、音が静かなので、家内が生きておれば、よろこんだだろうなと思う。

何をするのもわしがワンマンで、こうと言ったら、家内は文句言わんほうやった。もっと早くに二重サッシをやればよかった。

ただ、家内は、中原さんのことを「しっかりして、丁寧な人ねぇ」と感心していた。

お客様インタビュー写真

家内が生きておれば、よろこんだだろうなと。

リフォームした今、改めて、どんなお気持ちですか?

ご主人:
中原さんがおるお陰で、最後は中原さんに電話したらいいという安心があるもんで。ほんま、中原さんに任せたら安心。

生きとるうちは、面倒いろいろ頼むかわからんけど。
また、なんかあったら頼むでの。

中原:
井上さん、本日は長時間ありがとうございました。

思えば、井上さんと10数年のお付き合いなんですね。
「最後は中原さんに電話したらいいという安心がある」といっていただき、この仕事をやっていてよかったと、しみじみ思いました。
失礼かもしれないと思いつつ、亡くなった奥様のことを質問させていただきました。「そこに悔いがある」というお言葉を聴いて、Iさんと奥様の人生を感じました。
そこにわたしも少しばかりですが、関わらせていただいたこと、とてもうれしく思います。
今日の井上さんのお言葉を胸に明日からまたがんばっていきます。

井上さんも健康には十分お気をつけくださいね。

今日は、ありがとうございました。

お客様インタビュー写真

生きとるうちは、面倒いろいろ頼むかわからんけど、なんかあったら頼むでの。