お客様の声 藤原様

私、奥田を知るようになったキッカケはなんですか?

奥さん:
きっかけは、お隣さん。お父さんがお隣さんが外壁をやっているのを見て色々聞いてきて、こっちに話をもってきた感じやわ。

私は、全然、やる気がなかった。お父さんは、前から「外壁やらな」って言っていた。

何回か外壁の営業がまわってきたんやけど、私は気がなかった。

私は、まだまだ大丈夫って思っていた。

シンペイ君がいなかったら、外装、リフォームをしてなかった。シンペイ君の顔をピッと見たとたんに、懐かしさもあるし、親近感もわいてきた(笑)

そんでなぁ、信用もあるからなぁ。

インタビュー

自分のかわいい息子みたいに知っている子が、
リフォームしてくれるわ~!

 

正直なところ、私を最初にみたときどんな印象でしたか?

娘さん:
シンペイや!(笑)

奥さん:
自分のかわいい息子みたいに知っている子が、リファームしてくれるわ~! 親近感で、いっぺんに、やる方向に気持ちが変わったわ

娘さん:
はじめてやと、信用ができないやん。ほかの人は、ようわからんし。

それがシンペイ君やから、一気に信頼度がアップ。

奥さん:
最初は、社長がきたけど、全然信用してなかった(笑)
な!ごめんやけど、いまだから話すけど…

娘さん:
でも知っている人がいると、一気に信頼度があがる。
しかも、オッケーもおるやろ、ダブルで一気に信頼度があがった。

奥さん:
社長としゃべっていたら、社長を信頼してくるようになった。実際に社長としゃべっていたら、良い人ってわかるやん。

あまりにも信用し過ぎて、なぁなぁになってきて、偉そうになるやん、私も(笑)

シンベイ君やから、一気に信頼度がアップした。

なぜ、今回、外壁、リフォームをしようと思ったのですか?

娘さん:
風呂は、老後のためにやろ。

奥さん:
お風呂はタイル張りだから、寒い。冬が一番つらい。

年をとってきたら、血管が切れて、倒れる人が、多い。トイレや、お風呂で倒れたくないやん。

娘さん:
寒いところや、急に寒くなるトイレや、お風呂で倒れられても困るしなぁ。

奥さん:

いつかはリフォームせな、あかんなって話していたけど、でも、そういう機会がないやん。

外壁を全部やるってわかって、ついでに、お風呂も一緒にやるかってなってな。

旦那は、「外壁はせなあかん、せなあかん」って言ってた。

私は、「だよね」って言いながら、「まだ住める」っていっとった。

娘さん:
外壁がバリバリっていう感じで、見てわかる位になってたな。

奥さん:
シンペイ君と一緒に回った時に、まぢかで見て「えっ~」ってびっくりした。

「やらなきゃ!」って思った。

娘さん:
お父さんは、外壁の異変に気がいていたな!

奥さん:
お父さん、外壁の異変に気がいていたけど、私は、そこまでみていなかった。

むき出しになっているのをみて、「ひゃ、これはやばいな」ってなった。

「いつかはリフォームせな、あかんな」って
話していたけど、機会がないやん。

外壁リフォームするまで、どんなことが気になってましたか?

娘さん:

色!

ちゃんとした色になるかな~?あんだけは、悩んだ。

奥さん:
そやな、色が一番やったなぁ~

ちゃんと、シンペイ君来て、説明してくれた。いろんなことを教えてくれた。

説明が丁寧やったし、三度塗りするとか聞いて、「ちゃんとしっかりしてくれるなぁ~」って実感したな!

「じゃあ任せよ」って思えた。

ちゃんとした色になるかやな~?

私に依頼するまでに、迷ったり、躊躇したことありましたか?

娘さん:
迷ったことあった?

奥さん:
ない!

娘さん:
わからないことがわからないから、なかった。
分からんで迷うことがない。

奥さん:
もうしよ!と思ったら進んでいくしかない。
と言う気持ちあったもんで余計かもしれん。

もうしよ!と思ったら進んでいくしかない。

私に依頼する決め手になったことはなんですか?

娘さん:
実際の外壁を見に行ったことが良かった!

奥さん:
そう!実際の外壁を見れて良かった。あれ!

シンペイ君が、ほんと、わざわざ実際の外壁を見せてくれた。わざわざさぁ、一緒にみせてくれて、私たちのわがままで、実際みたい!という言うて。

パソコンで見たけど、本当の色やないやん。
外で見ても、やっぱ違うやん。
こんなパネルで見せれても、わからんし。

実際にみたいなぁ~っていうたら、ちゃんとその場に連れて行ってくれたやろ。
一番の決め手。実際に色、見れて。

色は、悩んだ。夢に色が出てきた(笑)
実際に色を見たのが一番良かったかな。

「実際にみたいなぁ~」っていうたら、
その場に連れて行ってくれたやろ。

今回リファームした件で、印象に残っていることはなんですか?

娘さん:
窓越しに、猫の相手をしてくれる工事する職人さんがやさしい、いい人やなぁ~って感じた(笑)。

奥さん:
挨拶もきちんとしてくれる。めちゃくちゃ好印象!

娘さん:
顔をみたら「おはようございます」って言ってくれた。

奥さん:
気持ち良かった!
あと、ノートも良いと思った!交換ノート良いね。私、好き。

娘さん:
直接だと作業しているから話しかけづらいとか、あるやん。
そういう意味で、ノートいいね。

奥さん:
私は、書くの好きだから、余計に良かった。けっこう、いっぱい書いた。

あと、雨の日が多くて不安やった。乾くのか心配だった。でも、シンペイ君が、「大丈夫ですよ。乾きますよ」って言ってくれたから安心した。

工事をやっている間は、不安は、なかったなぁ。

職人さんが「やさしい、いい人やなぁ~」って感じた(笑)

今回、一番よかったことはなんですか?

娘さん:
色が正解やったなぁ。

奥さん:
生活感が変わるやん。
何をするにもうれしいなぁ。外壁もそうやし、お風呂も。

「リフレッシュできた!」みたいな。

あとのまわりは、あかんけどな(笑)

なにより、家も遠くから見るのが好きになった。どっか出かけて帰ってくるとき、「あ~良い色やな。」って、いつも思っている。

旦那にも色が明るすぎないか?って言われたけど、黒の窓枠とかがキュってしめてくれている。

めっちゃ良い感じになっている。自慢の外壁、自慢のお風呂。

娘さん:
色は、後悔はない。
終わった後に、思っていた色と違ったとは、ならんだ。

奥さん:
ならんだ、後悔はしていない。

娘さん:
外壁を実際に見に行ったから安心したな。よその家を見れてよかった。

奥さん:
そう、そう。実際によその家を見れて、イメージができたからよかった。

あれは、大切やわ。ほんとに、な!
色が一番不安やったからな。ほんとに見にいけてよかったな。

おもった色にならなかったら、どうしようと心配だった。

娘さん:
外壁やから、失敗したら、やばいぞって、思っていたけど、大丈夫やった(笑)。

帰ってくるとき、我が家を見て、「あ~、良い色うやな」って。

ご家族の方はなんと言ってましたか?

奥さん:
旦那も外壁については、なにも言わんのさ。
お風呂は、「いいわ、いいわ」と、旦那は、言っている。

娘さん:
風呂わなぁ~、お父さん、かなり気に入っているよ。

奥さん::
外壁については、何も言わん。色のこだわりがないみたい。

娘さん:
男性陣は、何も言わないから、つまらない(笑)

奥さん:
良いも悪いも言わん(笑)

こっちが聞いたら言うだろうけど、こっちも聞かない。何も言わないからOK。

男性陣は何も言わないからOKということやわ(笑)

あらためて、今、どういうお気持ちですか?

奥さん:
リフォームして良かった。ほんとに気に入っている。

娘さん:
だいぶガラッと家の雰囲気が変わった。
お母さんたちも、これからが安心やね。

奥さん:
よかったけど、ほかにも直したいところがでてきた。

やりたいけど、お金がついてこない(笑)

でも、リフォームしてよかった。ほんま、ありがたいわ。

奥田: こちらこそ、今日は、貴重なお時間ありがとうございます。
いつぶりやろうというくらい、実際には中学以来10年ぶりに、塗装工事をきっかけにお会いできて、うれしかったです。ぼくらだけの同窓会みたいな感じで、なつかしさを感じつつ、抜群に楽しい仕事ができて、よかったです。

毎日こちらに顔出しするとき、気分がちがうんですね。自分の家に帰るようなくつろいだ感覚でした。

今日のお話も、よく笑って、終始楽しいひと時です。そのことに、とても感謝しております。ありがとうございました。

お客様の声

ほかにも直したいところがでてきた(笑)